介護職員も看護師も誇りをもって日々精進しましょう!

私は介護福祉士と介護支援専門員をしている男性です。介護業界で働いて10年以上が経ちました。介護業界で働いてみて介護職員は愚痴ばかりで努力をしない人がたくさんいると感じてしまいました。

確かに給料が安い、仕事が忙しい、精神的に辛い、人間関係が複雑、肉体労働で体力的にきつい等いろいろありますが、これらを改善する能力を身につけていくことが今後介護職員の課題だと思われます。

給料が安いと感じたら、介護福祉士や介護支援専門員の資格取得をすれば資格手当がついて給料が上がりますし、資格を取得して実務経験に反映させれば役職が就いて給料が上がります。体力的に辛いなら普段から毎日自宅でストレッチをテレビを観ながら行ったりお風呂の湯船の中でもストレッチが出来ますよ。人間関係を上手くやるなら、妥協する能力を持つことと、頑張っている姿勢を周りに見せることで改善されますよ。介護疲れで精神的に疲れたら、休日にリフレッシュしたり、有給休暇を取得していけば改善されますよ。また最近は介護に介護ロボットや機械化の動きが導入されてますから、体力的に今後は介護が、楽になっていきますから、介護ロボットの導入に反対しないで介護ロボットの操作をして実際に使ってみて試してみることが非常に大切になりますよ。

また介護は日頃から簡単な業務を改善することが出来ます。例えば、文章の入力をパソコンやタブレットで打ち込めば情報が共有することが出来ます。年配の方で入力方法がわからない方は若い職員にどんどん聞いて、入力方法を覚えていく努力が必要になりますよ。また介護職員は医療知識を持つことも非常に大切になります。体調が悪い利用者さんがいて看護師に伝えるのに医療知識を持っているのと持っていないのでは全然違います。介護職員は努力次第で業務改善が出来ますから、どんどん勉強して介護の質を上げていってくださいね。全部を努力するのは大変ですからできそうな所から頑張ってくださいね。私も妻が看護師なので、いろいろとアドバイスをもらいながら日々夫婦で勉強に励んでいます。そんな妻もパートで看護師をしています。<看護師 求人 高松

Posted in blog by zara